m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新生児腸内の黄色ブドウ球菌株がアトピー発症抑制に寄与?

2019年1月15日  ソース:Br J Dermatol  カテゴリ: 小児科疾患皮膚疾患

FARMFLORA出生コホートの乳児65人から採取した糞便および鼻腔スワブ検体を用いて、黄色ブドウ球菌(S.aureus)株による消化管および鼻腔内コロニー形成とその後のアトピー性皮膚炎発症との関連を...

文献:Nowrouzian FL et al. Neonatal gut colonisation by Staphylococcus aureus strains with certain adhesins and superantigens is negatively associated with subsequent development of atopic eczema. Br J Dermatol. 2018 Nov 25. doi: 10.1111/bjd.17451. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。