m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

脳卒中後の長期失語症、陽極経頭蓋直流刺激で物品呼称能改善

2019年1月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患

左大脳半球の脳卒中後に失語症を発症し、3週間の言語療法施行中の長期罹患患者74例を対象に、陽極経頭蓋直流刺激(A-tDCS)の言語産出改善効果を6カ月にわたり前向き無作為化臨床試験で検討した。その結果...

文献:Fridriksson J et al. Transcranial Direct Current Stimulation vs Sham Stimulation to Treat Aphasia After Stroke: A Randomized Clinical Trial. JAMA Neurol. 2018 Dec 1;75(12):1470-1476. doi: 10.1001/jamaneurol.2018.2287.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。