m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸ポリープ切除後のサーベイランス、免疫学的便潜血検査で費用削減

2019年1月28日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

ポリープ切除後の大腸癌中等度リスク患者5938例を対象に、免疫学的便潜血検査(FIT)と大腸内視鏡検査によるサーベイランスの診断精度と費用対効果を検討。切除後1、2、3年でFITを実施し、1、2年時の...

文献:Cross AJ et al. Faecal immunochemical tests (FIT) versus colonoscopy for surveillance after screening and polypectomy: a diagnostic accuracy and cost-effectiveness study. Gut. 2018 Dec 11. pii: gutjnl-2018-317297. doi: 10.1136/gutjnl-2018-317297. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。