m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アスピリン使用がCOPD急性増悪率低下と関連

2019年1月29日  ソース:Chest  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患投薬に関わる問題

SPIROMICS試験に参加した慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者1698例を対象に、COPD症状へのアスピリン毎日服用の効果を検討。アスピリン使用者と非使用者503組を比較した。その結果、アスピリンで...

文献:Fawzy A et al. Aspirin Use and Respiratory Morbidity in COPD: A Propensity Score-Matched Analysis in Subpopulations and Intermediate Outcome Measures in COPD Study. Chest. 2018 Dec 26. pii: S0012-3692(18)32887-3. doi: 10.1016/j.chest.2018.11.028. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。