m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

EGPA患者8割でメポリズマブの有益性確認

2019年1月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

経口グルココルチコイドによる治療中の再発性または難治性好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)患者の53%が寛解を達成したメポリズマブの第III相試験のデータを基に、メポリズマブの臨床的有益性を事後解...

文献:Steinfeld J et al. Evaluation of clinical benefit from treatment with mepolizumab for patients with eosinophilic granulomatosis with polyangiitis. J Allergy Clin Immunol. 2018 Dec 19. pii: S0091-6749(18)32783-0. doi: 10.1016/j.jaci.2018.11.041. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。