m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

若年アカラシア患者のHeller筋層切開術、再介入率低い

2019年2月1日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

9-25歳のアカラシア患者442例を対象に、Heller筋層切開術、食道拡張術、ボツリヌス毒素注射のいずれが初回介入として最も適切かを縦断的集団ベース解析で検討した。その結果、追跡期間中央値5.2年で...

文献:Hung YC et al. Heller myotomy is the optimal index procedure for esophageal achalasia in adolescents and young adults. Surg Endosc. 2018 Dec 14. doi: 10.1007/s00464-018-06625-6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。