m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

米のESRD、発症率増も死亡率減で有病率増加の見込み

2019年2月1日  ソース:J Am Soc Nephrol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

米国の2030年までの末期腎不全(ESRD)発症率および有病率を肥満、高血圧、糖尿病、年齢および人種の母比率を用いたシミュレーションモデルで予測した。その結果、年齢と人種の分布、肥満と糖尿病の有病率お...

文献:McCullough KP et al. Projecting ESRD Incidence and Prevalence in the United States through 2030. J Am Soc Nephrol. 2019 Jan;30(1):127-135. doi: 10.1681/ASN.2018050531. Epub 2018 Dec 17.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。