m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

NSAID増悪呼吸器疾患患者の鼻茸にL-plastin発現が関与

2019年2月4日  ソース:Allergy  カテゴリ: 呼吸器疾患アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)により増悪した呼吸器疾患(NERD)患者の鼻茸再発に関与する蛋白質を特定すべく、二次元電気泳動法で定量した。鼻茸組織中のL-plastin量は、鼻茸を有する非アスピ...

文献:Takabayashi T et al. Increased expression of L-plastin in nasal polyp of patients with nonsteroidal anti-inflammatory drug-exacerbated respiratory disease. Allergy. 2018 Nov 26. doi: 10.1111/all.13677. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。