m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

壊死性外耳炎の診断/経過観察にFDG-PET/CTが有効

2019年2月12日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患感染症その他

壊死性外耳炎患者12例を対象に、壊死性外耳炎の診断および経過観察に対する18F-FDG-PET/CTの有効性を症例シリーズで検討した。その結果、FDG-PET/CTスキャンで外耳道、乳様突起、顎関節、...

文献:Stern Shavit S et al. FDG-PET/CT for diagnosis and follow-up of necrotizing (malignant) external otitis. Laryngoscope. 2018 Dec 14. doi: 10.1002/lary.27526. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。