m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障と非緑内障性視神経症の区別にtemporal raphe signが有用

2019年2月18日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患その他

Cirrus高画質光干渉断層計(OCT)で黄斑部の神経節細胞-内網状層(mGCIPL)菲薄化が認められる患者175例(175眼)を対象に、緑内障と非緑内障性視神経症を区別するためのtemporalra...

文献:Lee J et al. Temporal Raphe Sign for Discrimination of Glaucoma from Optic Neuropathy in Eyes with Macular Ganglion Cell-Inner Plexiform Layer Thinning. Ophthalmology. 2018 Dec 18. pii: S0161-6420(18)32252-8. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.12.031. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。