m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

英の脳卒中急性期治療の集約化、死亡率と入院期間に改善効果

2019年2月21日  ソース:BMJ  カテゴリ: 脳神経外科疾患救急

英国で脳卒中急性期治療集約化の効果を調査すべく、脳卒中患者データ(2008-16年50万9182例、2013-16年21万8120例)を後ろ向きに解析した。その結果、グレーター・マンチェスターでは20...

文献:Morris S et al. Impact and sustainability of centralising acute stroke services in English metropolitan areas: retrospective analysis of hospital episode statistics and stroke national audit data. BMJ. 2019 Jan 23;364:l1. doi: 10.1136/bmj.l1.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。