m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

精神科医不足が新生児薬物離脱症候群増加と関連

2019年2月26日  ソース:JAMA  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患その他

米国で郡レベルの失業率および医師の不足状況と新生児薬物離脱症候群(NAS)発生率との関連を検討すべく、8州580郡の2009-15年のデータを用いて後ろ向き反復横断研究を実施した。調査期間の出生数は6...

文献:Patrick SW et al. Association Among County-Level Economic Factors, Clinician Supply, Metropolitan or Rural Location, and Neonatal Abstinence Syndrome. JAMA. 2019 Jan 29;321(4):385-393. doi: 10.1001/jama.2018.20851.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。