m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

PAI-1産生遺伝子型喘息に大豆イソフラボンが有益

2019年2月26日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患アレルギー疾患小児科疾患

コントロール不良の喘息患者265例を対象に、大豆イソフラボンのプラスミノーゲン活性化抑制因子1(PAI-1)遺伝子型別の効果を無作為化試験で検討した。4G4G型および4G5G型では5G5G型に比べて、...

文献:Cho SH et al. Soy isoflavones reduce asthma exacerbation in asthmatics with high PAI-1 producing genotypes. J Allergy Clin Immunol. 2019 Jan 29. pii: S0091-6749(19)30117-4. doi: 10.1016/j.jaci.2019.01.020. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。