m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

近視性黄斑変性の診断基準に中心窩下脈絡膜厚菲薄化が有用

2019年3月4日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

強度近視患者884例の1487眼を対象に、波長掃引型光干渉断層撮影を用いて近視性黄斑変性の分類別に脈絡膜厚を解析。診断基準値を後ろ向き横断研究で検討した。その結果、中心窩下脈絡膜厚の平均値は眼底正常群...

文献:Fang Y et al. OCT-Based Diagnostic Criteria for Different Stages of Myopic Maculopathy. Ophthalmology. 2019 Jan 29. pii: S0161-6420(18)32830-6. doi: 10.1016/j.ophtha.2019.01.012. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。