m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

抗癌剤の心毒性早期発見に心臓MRIが有望

2019年3月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 循環器疾患投薬に関わる問題

連続したマルチパラメトリック心臓MRI(CMR)検査によるドキソルビシン誘発性心毒性の早期発見の有用性を20頭のブタを用いた試験で検討した。その結果、最も早く検出した心毒性のパラメーターは、6週時(ド...

文献:Galán-Arriola C et al. Serial Magnetic Resonance Imaging to Identify Early Stages of Anthracycline-Induced Cardiotoxicity. J Am Coll Cardiol. 2019 Feb 26;73(7):779-791. doi: 10.1016/j.jacc.2018.11.046.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。