m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

敗血症、救急科での抗菌薬投与遅延で死亡率増加

2019年3月19日  ソース:Chest  カテゴリ: 一般外科疾患救急投薬に関わる問題

敗血症で救急科を受診した成人患者1万811例を対象に、抗菌薬投与開始までの時間と長期死亡率の関連を後ろ向きコホート研究で検討。救急科到着から抗菌薬投与開始までの時間の中央値は166分、1年死亡率は19...

文献:Peltan ID et al. ED Door-to-Antibiotic Time and Long-term Mortality in Sepsis. Chest. 2019 Feb 16. pii: S0012-3692(19)30157-6. doi: 10.1016/j.chest.2019.02.008. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。