m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

敗血症性ショックの治療目標、末梢循環状態 vs. 乳酸値

2019年3月21日  ソース:JAMA  カテゴリ: 一般外科疾患救急

早期敗血症性ショック患者424例を対象に、毛細血管の再充満時間(末梢循環群)と乳酸値を目標とした蘇生戦略の効果を無作為化試験で比較した。その結果、主要評価項目の28日全死因死亡率は末梢循環群34.9%...

文献:Hernández G et al. Effect of a Resuscitation Strategy Targeting Peripheral Perfusion Status vs Serum Lactate Levels on 28-Day Mortality Among Patients With Septic Shock: The ANDROMEDA-SHOCK Randomized Clinical Trial. JAMA. 2019 Feb 19;321(7):654-664. doi: 10.1001/jama.2019.0071.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。