m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

死産後1年未満の妊娠、早死産リスク上昇と関連せず

2019年3月25日  ソース:Lancet  カテゴリ: 産婦人科疾患

前回死産を経験した単胎妊娠女性の出産1万4452件を対象に、妊娠間隔と有害出生転帰の関連をコホート研究で検討した。その結果、1万4452件のうち228件(2%)が死産、2532件(18%)が早産、12...

文献:Regan AK et al. Association between interpregnancy interval and adverse birth outcomes in women with a previous stillbirth: an international cohort study. Lancet. 2019 Feb 28. pii: S0140-6736(18)32266-9. doi: 10.1016/S0140-6736(18)32266-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。