m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

円錐角膜のCXL治療手順3種、機能転帰は同等

2019年3月28日  ソース:Cornea  カテゴリ: 眼科疾患

進行性円錐角膜患者67例93眼を対象に、角膜クロスリンキング(CXL)治療の標準法(3mW/cm230分間、総エネルギー5.4J/cm2[S3/30-CXL])、高速法(9mW/cm210分間、同5....

文献:Lang PZ et al. Comparative Functional Outcomes After Corneal Crosslinking Using Standard, Accelerated, and Accelerated With Higher Total Fluence Protocols. Cornea. 2019 Apr;38(4):433-441. doi: 10.1097/ICO.0000000000001878.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。