m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胃切除後の予後予測にCONUT値が有効

2019年3月29日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

根治的腹腔鏡下胃切除術を施行した胃癌368例の診療記録を用いて、栄養評価指標CONUT値の予後予測能を検討した。その結果、腫瘍病期(ハザード比2.231、P=0.001)、CONUT値(同2.254、...

文献:Hirahara N et al. Controlling Nutritional Status (CONUT) as a prognostic immunonutritional biomarker for gastric cancer after curative gastrectomy: a propensity score-matched analysis. Surg Endosc. 2019 Mar 5. doi: 10.1007/s00464-019-06723-z. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。