m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

IVIG不応の川崎病、シクロスポリン併用で冠動脈転帰改善

2019年4月5日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

日本で、免疫グロブリン大量療法(IVIG)不応リスクが高いと予測される重症川崎病患者173例を対象に、IVIGとシクロスポリンを併用した1次治療の冠動脈病変合併症抑制効果を無作為化比較非盲検第III相...

文献:Hamada H et al. Efficacy of primary treatment with immunoglobulin plus ciclosporin for prevention of coronary artery abnormalities in patients with Kawasaki disease predicted to be at increased risk of non-response to intravenous immunoglobulin (KAICA): a randomised controlled, open-label, blinded-endpoints, phase 3 trial. Lancet. 2019 Mar 16;393(10176):1128-1137. doi: 10.1016/S0140-6736(18)32003-8. Epub 2019 Mar 7.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。