m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

内因性テストステロン値が血栓塞栓症、心不全、心筋梗塞と関連

2019年4月5日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

英国バイオバンクに登録された40-69歳の白人男女39万2038例のデータを用いて、遺伝子変異から予測した内因性テストステロン値と血栓塞栓症、心不全および心筋梗塞の関連をメンデル無作為化試験で検討した...

文献:Luo S et al. Association of genetically predicted testosterone with thromboembolism, heart failure, and myocardial infarction: mendelian randomisation study in UK Biobank. BMJ. 2019 Mar 6;364:l476. doi: 10.1136/bmj.l476.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。