m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

強皮症患者の16%が抗C1q自己抗体保有

2019年4月11日  ソース:Br J Dermatol  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患皮膚疾患

全身性強皮症(SSc)患者124例を対象に、抗C1q自己抗体および血中免疫複合体(CIC)の発現を評価。シェーグレン症候群(SjS)患者25例、関節リウマチ(RA)患者29例、全身性エリテマトーデス(...

文献:Liaskos C et al. Anti-C1q autoantibodies are frequently detected in patients with systemic sclerosis associated with pulmonary fibrosis. Br J Dermatol. 2019 Mar 15. doi: 10.1111/bjd.17886. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。