m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ロボ支援腎部分切除、腫瘍の複雑性が転帰に影響

2019年4月12日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患

複雑な腫瘍と判定した(PADUA10-14点)限局性腎腫瘍の患者255例を対象に、ロボット支援下腎部分切除術(RAPN)の術後転帰を評価。グレード3以上の合併症なし、温阻血時間20分未満、および切除断...

文献:Buffi NM et al. Robot-assisted Partial Nephrectomy for Complex (PADUA Score ≥10) Tumors: Techniques and Results from a Multicenter Experience at Four High-volume Centers. Eur Urol. 2019 Mar 18. pii: S0302-2838(19)30192-7. doi: 10.1016/j.eururo.2019.03.006. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。