m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

周術期アナフィラキシーの診断用アルゴリズム特定

2019年4月18日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患一般外科疾患皮膚疾患救急

臨床的にアナフィラキシーを示唆する周術期過敏反応を経験した成人患者102例を対象に、血清トリプターゼ値測定アルゴリズム4種のアナフィラキシー診断能を後ろ向き研究で検討した。その結果、最も有効なアルゴリ...

文献:Vitte J et al. Paired acute-baseline serum tryptase levels in perioperative anaphylaxis: An observational study. Allergy. 2019 Feb 21. doi: 10.1111/all.13752. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。