m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

超早産児の持続的肺拡張で死亡/BPDリスク改善せず

2019年4月23日  ソース:JAMA  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

蘇生が必要な超早産児426例を対象に、最大2回の持続的肺拡張による人工換気療法の死亡または気管支肺異形成症(BPD)予防効果を非盲検無作為化試験で標準的な間欠的陽圧換気と比較した。その結果、月経後年齢...

文献:Kirpalani H et al. Effect of Sustained Inflations vs Intermittent Positive Pressure Ventilation on Bronchopulmonary Dysplasia or Death Among Extremely Preterm Infants: The SAIL Randomized Clinical Trial. JAMA. 2019 Mar 26;321(12):1165-1175. doi: 10.1001/jama.2019.1660.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。