m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

肺癌のペムブロリズマブ、PD-L1発現1%以上でOS改善

2019年4月26日  ソース:Lancet  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題

PD-L1発現陽性細胞の割合(TPS)が1%以上の局所進行または転移性非小細胞肺癌(NSCLC)の未治療患者1274例を対象に、ペムブロリズマブ単剤療法の有効性を第III相試験で化学療法と比較した(K...

文献:Mok TSK et al. Pembrolizumab versus chemotherapy for previously untreated, PD-L1-expressing, locally advanced or metastatic non-small-cell lung cancer (KEYNOTE-042): a randomised, open-label, controlled, phase 3 trial. Lancet. 2019 Apr 4. pii: S0140-6736(18)32409-7. doi: 10.1016/S0140-6736(18)32409-7. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。