m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

日本人黒色腫の臨床型と病期別生存率を調査

2019年5月9日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 皮膚疾患

日本人の黒色腫患者4594例を対象に、黒色腫の臨床的特徴の検討と予後因子の評価を実施した。最も多い臨床型は末端黒子型黒色腫(40.4%)で、次いで表在拡大型黒色腫(20.5%)、結節型黒色腫(10.0...

文献:Fujisawa Y et al. Clinical and histopathological characteristics and survival analysis of 4594 Japanese patients with melanoma. Cancer Med. 2019 Apr 1. doi: 10.1002/cam4.2110. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。