m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

局所進行胃がん、周術期FLOTでOS改善

2019年5月13日  ソース:Lancet  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

切除可能な局所進行胃・食道胃接合部腺がん患者716例を対象に、周術期化学療法としてのFLOT療法(フルオロウラシル+ロイコボリン+オキサリプラチン+ドセタキセル)の安全性と有効性を非盲検無作為化第II...

文献:Al-Batran SE et al. Perioperative chemotherapy with fluorouracil plus leucovorin, oxaliplatin, and docetaxel versus fluorouracil or capecitabine plus cisplatin and epirubicin for locally advanced, resectable gastric or gastro-oesophageal junction adenocarcinoma (FLOT4): a randomised, phase 2/3 trial. Lancet. 2019 Apr 10. pii: S0140-6736(18)32557-1. doi: 10.1016/S0140-6736(18)32557-1. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。