m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ステロイド注射後1カ月以内の腱板修復術はSSIリスク増

2019年5月16日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患投薬に関わる問題

関節鏡視下腱板修復術前のコルチコステロイド関節内注射と術後の手術部位感染(SSI)リスクとの関連を検討。PearlDiverデータベースをレビューし、関節内注射後1年以内に同修復術を施行した1万206...

文献:Forsythe B et al. The Timing of Injections Prior to Arthroscopic Rotator Cuff Repair Impacts the Risk of Surgical Site Infection. J Bone Joint Surg Am. 2019 Apr 17;101(8):682-687. doi: 10.2106/JBJS.18.00631.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。