m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

生後3カ月間の草花粉曝露が小児期の肺機能低下と関連

2019年5月17日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

アレルギー性疾患の家族歴がある小児出生コホート(メルボルンアトピーコホート研究)を対象に、生後3カ月間の草花粉曝露とその後の肺機能の関連を検討した。その結果、生後7日間の草花粉曝露に12歳時の1秒量(...

文献:Lambert KA et al. Pollen exposure at birth and adolescent lung function, and modification by residential greenness. Allergy. 2019 Apr 1. doi: 10.1111/all.13803. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。