m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

周産期の母親の抑うつ症状が児の脳の発達に悪影響

2019年5月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患産婦人科疾患

オランダの出生コホートで母親の抑うつ症状データおよび出生児の10歳時神経画像検査データが取得できた母児3469組を対象に、母親の抑うつ症状と出生児の脳の発達の関連を集団ベースの画像研究で検討した。児が...

文献:Exposure to Maternal Depressive Symptoms in Fetal Life or Childhood and Offspring Brain Development: A Population-Based Imaging Study. Am J Psychiatry. 2019 May 6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。