m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

疥癬疑い、検体採取法標準化+PCRの診断感度37.9%

2019年5月27日  ソース:Br J Dermatol  カテゴリ: 皮膚疾患検査に関わる問題

疥癬疑い患者164例を対象に、標準化した採取法による検体(両手首前面、指間部、疥癬疑い病変のドライスワブによる擦過)を用いたポリメラーゼ連鎖反応法(PCR)の疥癬診断能を検討した。ヒゼンダニの専門家に...

文献:Scabies PCR with standardized dry swab sampling Easy tool for cluster diagnosis of human scabies

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。