m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

cT1腎腫瘤への経皮的焼灼、腫瘍学的転帰は許容範囲内

2019年5月28日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患

単一施設で治療したcT1N0M0腎原発腫瘤患者を対象に、経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)、腎部分切除術(PN)および経皮的凍結凝固術の腫瘍学的転帰を比較した。cT1a患者(1422例)でのPN群に対する...

文献:Oncologic Outcomes Following Partial Nephrectomy and Percutaneous Ablation for cT1 Renal Masses. Eur Urol. 2019 May 3. pii: S0302-2838(19)30340-9. doi: 10.1016/j.eururo.2019.04.026.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。