m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

膀胱膣瘻、改良Latzko式修復術の転帰良好

2019年5月30日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患

膣尖部の膀胱膣瘻患者108例の医療記録から、改良Latzko術式を用いた経膣修復術の有効性および安全性を後ろ向きコホート研究で検討。平均追跡期間は40.7カ月だった。その結果、全例で膀胱膣瘻閉鎖を達成...

文献:Transvaginal Repair of Apical Vesicovaginal Fistula: A Modified Latzko Technique-Outcomes at a High-volume Referral Center. Eur Urol. 2019 May 4. doi: 10.1016/j.eururo.2019.04.010.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。