m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

脳卒中のrt-PA、発症後4.5時間超の開始で転帰改善(2019/6/6訂正)

2019年6月4日  ソース:NEJM  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患救急投薬に関わる問題

救済可能な脳組織が確認された虚血性脳卒中患者225例を対象に、発症から4.5-9.0時間以内のアルテプラーゼ(rt-PA)投与(起床時に症状を伴う場合は睡眠時間の中間点から9時間以内の投与)の有効性を...

文献:Thrombolysis Guided by Perfusion Imaging up to 9 Hours after Onset of Stroke. N Engl J Med. 2019 May 9;380(19):1795-1803.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。