m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠初期の性器出血、プロゲステロンで生産率改善せず

2019年6月6日  ソース:NEJM  カテゴリ: 産婦人科疾患

英国の病院48施設で、妊娠初期に性器出血をみた妊婦4038例を対象に、プロゲステロンの妊娠維持効果を無作為化プラセボ対照試験で検討した(PRISM試験)。その結果、主要評価項目に規定した妊娠34週以降...

文献:A Randomized Trial of Progesterone in Women with Bleeding in Early Pregnancy.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。