m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低侵襲結腸切除術、開腹術より転帰良好でコスト減

2019年6月7日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

2010-17年の待機的結腸切除術施行患者13万4970例を対象に、低侵襲手術(腹腔鏡下またはロボット手術)と開腹手術の臨床的および経済的転帰を後ろ向き集団ベース研究で比較した。その結果、低侵襲手術施...

文献:Minimally invasive colectomy is associated with reduced risk of anastomotic leak and other major perioperative complications and reduced hospital resource utilization as compared with open surgery: a retrospective population-based study of comparative effectiveness and trends of surgical approach.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。