m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

皮膚扁平上皮がんの進行に補体成分C1rとC1sが関連

2019年6月10日  ソース:Br J Dermatol  カテゴリ: 皮膚疾患

表皮角化細胞由来皮膚扁平上皮がん(cSCC)の進行に対する補体成分C1q、C1rおよびC1sの役割を検討した。その結果、正常ヒト表皮角化細胞との比較で、cSCC細胞のC1rおよびC1sのmRNAレベル...

文献:Tumor cell-derived complement components C1r and C1s promote growth of cutaneous squamous cell carcinoma.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。