m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障のOCTA、血管密度の関連因子評価に有用

2019年6月17日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 眼科疾患

治療後の原発開放隅角緑内障患者34例と健常対照20例を対象に、鼻側および耳側象限の角膜縁の前眼部光干渉断層血管撮影(OCTA)画像を用いて血管密度に影響を及ぼす因子を前向き横断研究で検証した。その結果...

文献:Anterior Segment Optical Coherence Tomography Angiography Imaging of Conjunctiva and Intrasclera in Treated Primary Open-Angle Glaucoma. Am J Ophthalmol. 2019 May 15. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。