m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

全身性強皮症によるILDへのニンテダニブ、FVC低下抑制

2019年6月19日  ソース:NEJM  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患リウマチ皮膚疾患投薬に関わる問題

間質性肺疾患を伴う全身性強皮症(SSc-ILD)患者576例を対象に、ニンテダニブの効果および安全性を無作為化プラセボ対照試験で検討した(SENSCIS試験)。その結果、52週時の調整後年間強制肺活量...

文献:Nintedanib for Systemic Sclerosis-Associated Interstitial Lung Disease. N Engl J Med. 2019 May 20. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。