m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

軽症持続型喘息へのICSとLAMA、プラセボと差なし

2019年6月19日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

軽症持続型喘息患者295例を対象に、好酸球低値(喀痰中好酸球比率2%未満)患者のモメタゾンまたはチオトロピウムへの反応性を二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験で検討(SIENA試験)。治療失敗、喘息...

文献:Mometasone or Tiotropium in Mild Asthma with a Low Sputum Eosinophil Level

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。