m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大気汚染物質の減少が小児喘息発症率低下と関連、米国カ州

2019年6月18日  ソース:JAMA  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患

1993-2014年に実施された南カリフォルニア小児健康研究3件に参加した喘息の既往歴がない小児4140人を対象に、居住地域での大気汚染物質減少と小児喘息の関連を検討した。8年間の追跡の結果、525人...

文献:Association of Changes in Air Quality With Incident Asthma in Children in California, 1993-2014. JAMA. 2019 May 21;321(19):1906-1915.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。