m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

急性虚血性脳卒中への翼口蓋神経節刺激、皮質病変ある患者で機能改善

2019年6月21日  ソース:Lancet  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患救急

急性虚血性脳卒中患者1078例を対象に、発症8-24時間後の翼口蓋神経節刺激による機能改善効果を無作為化二重盲検ピボタル試験で検討した(ImpACT-24B試験)。その結果、主要評価項目に規定した3カ...

文献:An injectable implant to stimulate the sphenopalatine ganglion for treatment of acute ischaemic stroke up to 24 h from onset (ImpACT-24B): an international, randomised, double-blind, sham-controlled, pivotal trial

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。