m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

敗血症による死亡リスク、アポトーシス抑制因子で予測

2019年6月28日  ソース:Chest  カテゴリ: 小児科疾患救急

敗血症の成人患者150例(解析群)と60例(検証群)および小児患者51例を対象に、マクロファージのアポトーシス抑制因子(AIM、別名CD5L)の転帰予測能を検討した。解析群の28日死亡に関する集中治療...

文献:Assessment of apoptosis inhibitor of macrophage (AIM)/CD5L as a biomarker to predict mortality in the critically ill with sepsis. Chest. 2019 May 30. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。