m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

男性ヘルニア修復術のTEP法、性機能とQOLを良好に改善

2019年7月1日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患腎・泌尿器疾患

片側鼠径ヘルニア修復術施行の男性患者176例を対象に、腹膜外到達法(TEP)とリヒテンシュタイン法(LH)の性機能および生活の質への影響を比較。性機能は国際勃起機能スコア(IIEF)、生活の質はSF-...

文献:Effects of totally extraperitoneal and lichtenstein hernia repair on men’s sexual function and quality of life. Surg Endosc. 2019 Jun 3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。