m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

JAK阻害薬、肉芽腫性皮膚疾患の寛解を誘発

2019年7月3日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

難治性皮膚サルコイドーシス患者3例および汎発性環状肉芽腫患者1例を対象に、JAK阻害薬トファシチニブの有効性を前向きに評価。さらに、別のサルコイドーシス患者21例および環状肉芽腫患者17例の皮膚生検組...

文献:Janus kinase inhibition induces disease remission in cutaneous sarcoidosis and granuloma annulare. J Am Acad Dermatol. 2019 Jun 8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。