m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

直腸がんの腹腔鏡下術、開腹術よりも腫瘍学的転帰良好

2019年7月3日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

ドイツの臨床がん登録30件から抽出した直腸がん患者1万6378例を対象に、腹腔鏡下手術と開腹手術の腫瘍学的安全性を検討した。その結果、腹腔鏡下手術施行率は27.7%で、経時的な増加が見られた。腹腔鏡群...

文献:Laparoscopic and open surgery in rectal cancer patients in Germany: short and long-term results of a large 10-year population-based cohort. Surg Endosc. 2019 May 30. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。