m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

TKA後の患者報告転帰を数値化するPASSの閾値

2019年7月8日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患

国際多施設共同試験に登録した人工膝関節全置換術(TKA)施行患者499例を対象に、術後1年および3年後の患者報告転帰を検討。満足度を元に「患者が許容できる症状の状態」(PASS)閾値を計算した。その結...

文献:"Patient Acceptable Symptom State at 1 and 3 Years After Total Knee Arthroplasty: Thresholds for the Knee Injury and Osteoarthritis Outcome Score (KOOS)". J Bone Joint Surg Am. 2019 Jun 5;101(11):995-1003.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。