m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

1型糖尿病高リスク者のteplizumab、発症を遅らせる効果

2019年7月10日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

1型糖尿病の発症リスクが高く、血縁者に1型糖尿病患者がいる患者76例(55例は18歳以下)を対象に、Fc受容体非結合性抗CD3モノクローナル抗体teplizumabの糖尿病への進行抑制効果を第II相無...

文献:An Anti-CD3 Antibody, Teplizumab, in Relatives at Risk for Type 1 Diabetes. N Engl J Med. 2019 Jun 9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。